Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム設定ミスで会員のメールアドレス流出 - 中高生向けウェブ講習サービス

中高生向けの会員制ウェブ学習サービス「スマートレクチャー」の会員向けメールで、システム設定ミスによる誤送信が発生し、会員のメールアドレス832件が流出した。

同サービスを運営する新興出版社啓林館および教育情報サービスによれば、2014年12月25日14時46分に送信した会員向けメール「スマートレクチャー通信 No.2」において、会員のメールアドレス832件が表示された状態になった。

メール配信は今回が2回目で、前回の配信時に問題はなかったが、メール送信システムの一部に見つかった軽微な不具合を修正した際、送信先に関するプログラムを書き換えたところ、問題が生じたという。

システム修正後の動作確認作業も不十分だったため、ミスに気が付かなかった。同社では同日中にシステムの修正。チェックの多重化やシステムの確認方法を変更するなど、再発防止に取り組む。また対象となる会員に報告と謝罪のメールを送っている。

(Security NEXT - 2015/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社