Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスウエア、ファイル転送とストレージを組み合わせた新サービス

トランスウエアは、企業向けに大容量ファイル転送とオンラインストレージを提供するサービス「Active!drive SS」を開始した。

同サービスは、外部とのファイル受け渡しを行う「大容量ファイル転送サービス」と、長期的にファイルを保存する「オンラインストレージサービス」を提供するもの。

セキュリティ機能として、ユーザーごとの権限設定や、ファイル受け渡し期間の制限、ダウンロード回数の制限などが可能なほか、ファイルの送信経路、データの共有場所、ユーザーの操作履歴などが一元管理できる。

24時間体制のサポートを提供するほか、保存期間の制限がない無期限ドライブが利用可能な容量追加オプションも用意されている。

月額基本料金は324円。最大保存期間14日の期限付きドライブが利用できる。ドライブ1つあたり2Gバイトが上限となる。ファイルの受け渡し回数は1アカウントあたり10回まで。無期限ドライブが作成できる容量追加オプションは、10Gバイトで月額3万2400円から。

(Security NEXT - 2015/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想ネットワークより10Gbpsの全通信データを取得する新技術 - NEDOと富士通
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
IIJ、ゲートウェイサービスにアイソレーションサービスをオプションで追加
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
「CyberMail」に添付ファイルを画像化する新機能