Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で顧客情報記載の帳票7500件を紛失 - 金沢信金

金沢信用金庫は、安原支店と小立野支店において、あわせて7508件の顧客情報が記載された帳票が、所在不明になっていることを明らかにした。

同金庫において、文書の集中管理を進めるため、保管している帳票の管理状況を自主点検したところ紛失が判明したもの。

安原支店において2008年6月から9月に扱った為替関係帳票綴りを紛失していることが判明。それを受けて全店舗で一斉点検を実施したところ、小立野支店において2006年9月から2007年3月までの為替関係帳票綴りが所在不明となっていることがわかった。

紛失件数は安原支店が5054件、小立野支店が2454件のあわせて7508件で、顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額などが含まれる。

一斉点検では、同2支店以外にも10支店において文書の紛失が発覚したが、いずれも廃棄証明書などが残っており、保管期間終了前に誤って廃棄したもので、紛失は2支店のみであると結論付けている。また紛失した帳票に関しても誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2015/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
顧客情報記載の書類を紛失、翌日に回収 - 呉信金
顧客情報含む伝票綴りが所在不明 - コザ信金
印影など顧客情報含む伝票綴りを紛失 - 旭川信金
顧客情報記載の内部文書が所在不明に - 帯広信金
顧客情報記載の帳票を紛失 - 宮城第一信金
顧客情報が記載された振込依頼書を紛失 - 三島信金
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
休眠口座の一部印鑑票が所在不明 - かながわ信金