Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel製チップセットのBIOSロックに脆弱性

一部のIntel製チップセットにおけるBIOSロック機能に、脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

影響があるのは、「BIOS_CNTL.BIOSWE」「BIOS_CNTL.BLE」のみでBIOSロックを行うIntel製のチップセット。競合状態が発生する脆弱性「CVE-2014-8273」が存在しており、脆弱性が悪用されるとBIOSに書き込みが行われるおそれがあるという。

さらに、書き込み保護に「BIOS_CNTL.BIOSLE」のみを使用している場合は、「UEFI Secure Boot」をバイパスされ、ファームウェアの破壊やシステム停止などにつながるおそれがあるという。

セキュリティ機関では、Intel製チップセットを採用するベンダーからの情報をチェックし、必要に応じて対策を検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ