Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のメインストリームサポートがまもなく終了

「Windows 7」のメインストリームサポートがまもなく終了する。延長サポート期間を経て、東京オリンピックが開催される2020年には完全にサポートを終了する予定だ。

「Windows」では、サポートライフサイクルとして「メインストリームサポート」と「延長サポート」を設定しており、日本時間1月14日に終了を迎えるのは、無償サポート、仕様変更、新機能のリクエスト受け入れなどを行う「メインストリームサポート」。

2014年に「Windows XP」のサポートが終了したのは記憶にあたらしいが、受け皿として多く採用された「Windows 7」についても同日以降は、5年間の「延長サポート」へと移行する。

脆弱性を修正する「セキュリティ更新プログラム」は引き続き提供されるため、すぐに移行が必要となるわけではないが、2020年1月14日には「延長サポート」も終了し、完全にサポートが打ち切られる。

「Windows Vista」もすでに「延長サポート」に突入しており、終了を2017年4月11日とまじかに控えている状況だ。同社は、PC環境の移行には準備期間が必要であるとして、サポート終了に備え、新しい環境への移行準備を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも