Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のメインストリームサポートがまもなく終了

「Windows 7」のメインストリームサポートがまもなく終了する。延長サポート期間を経て、東京オリンピックが開催される2020年には完全にサポートを終了する予定だ。

「Windows」では、サポートライフサイクルとして「メインストリームサポート」と「延長サポート」を設定しており、日本時間1月14日に終了を迎えるのは、無償サポート、仕様変更、新機能のリクエスト受け入れなどを行う「メインストリームサポート」。

2014年に「Windows XP」のサポートが終了したのは記憶にあたらしいが、受け皿として多く採用された「Windows 7」についても同日以降は、5年間の「延長サポート」へと移行する。

脆弱性を修正する「セキュリティ更新プログラム」は引き続き提供されるため、すぐに移行が必要となるわけではないが、2020年1月14日には「延長サポート」も終了し、完全にサポートが打ち切られる。

「Windows Vista」もすでに「延長サポート」に突入しており、終了を2017年4月11日とまじかに控えている状況だ。同社は、PC環境の移行には準備期間が必要であるとして、サポート終了に備え、新しい環境への移行準備を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「Firefox 60」がリリース、深刻な脆弱性2件などあわせて26件を修正
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件