Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、技術情報防衛シンポジウムを都内で開催

情報処理推進機構(IPA)は、1月27日に「第2回技術情報防衛シンポジウム」を都内で開催する。

同シンポジウムは、近年企業において技術情報流出が問題化していることを受け、営業秘密の保護や内部不正対策などをテーマに、有識者による講演やパネルディスカッションを予定している。

定員は250名で参加費は無料だが、ウェブサイトより事前登録する必要がある。イベントの詳細や申し込みはイベントのページから。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念