Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイファー・テック、社内文書の漏洩防止サービス - 配布後も遠隔操作で閲覧禁止に

サイファー・テックは、クラウド型の文書漏洩防止サービス「CypherGuard Leash」を1月より提供開始する。

同サービスは、不正利用や外部流出をPDFの管理ソリューション。文書の暗号化やネットワーク認証による利用者確認、文書閲覧期間の制限、画面キャプチャ防止などの文書保護機能を提供する。

また、退職者や契約が終了した派遣社員、取引先、関連会社などに対し、以前共有していた文書を遠隔操作で閲覧禁止にできる「ライセンスリモート削除機能」を搭載。

同サービスで使用するサーバはクラウドで提供し、利用者はパソコンにクライアントソフトをインストールして利用する。初期費用は21万6000円。利用料金は年額97万2000円から。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
IIJ、CSIRTの構築や運営を支援する新サービス
スプライン、印刷ログの検索サーバをリリース
CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術
富士ゼロックス、文書共有サービスにIRM機能 - 追跡や権限変更に対応
印刷管理ソフト「PrintOne」、マイナンバー印刷を検知