Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内セキュリティ製品市場は4.7%増 - 2018年には3000億円市場に

2014年における国内の情報セキュリティ製品市場規模は、前年比4.7%増と堅調に推移しており、2018年には3000億円市場へと拡大する見通しだ。

IDC Japanが、ソフトウェアとアプライアンスを含む情報セキュリティ製品市場について動向を分析、取りまとめたもの。

2014年は、前年比4.7%増となる2582億円。2015年以降、標的型攻撃の増加やサイバーセキュリティ基本法の影響により引き続き需要が拡大すると分析。2013年から2018年の年間平均成長率も4%を維持し、2018年には3004億円に成長するとの見通しを示している。

ソフトウェア市場を見ると、2014年は前年比4.1%増の2140億円と見込んでおり、2013年から2018年の平均成長率は3.9%、2018年の市場規模は2485億円に拡大すると予測。「アイデンティティ」「アクセス管理とエンドポイントセキュリティ」「ネットワークセキュリティ」「脆弱性管理」といった分野が牽引すると見ている。

特に同市場に含まれるSaaS型セキュリティ対策ソフトは、2014年の市場規模は121億円とそれほど大きくないが、前年比12.5%増と好調で、2018年までの平均成長率も11.6%を維持し、予想される市場規模は186億円にのぼる。

一方、アプライアンス市場は「IDS、IPS」や「UTM分野」で需要が高く、2014年は前年比7.5%増の442億円と分析。

2015年以降も同じ傾向は続き、さらにゼロデイ攻撃対策としてサンドボックス技術を採用したマルウェア対策アプライアンスへの需要も高まると予想。予想成長率は、2018年まで平均4.8%、2018年の市場は520億円となる見込みだという。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に