Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年度の国内ネットワークセキュリティ市場、3859億円に

富士通キメラ総研は、2014年度の国内ネットワークセキュリティ市場について、堅調に推移しており、前年比7.2%増となる3859億円に拡大するとの見込みを示した。

国内におけるネットワーク関連のセキュリティサービスや製品の市場動向について取りまとめたもの。

前年度は、「Windows XP」のサポート終了にリプレースを終えられなかった企業においてセキュリティ製品の販売が伸び、3594億円へと市場が拡大したという。

2015年7月には、「Windows Server 2003」のサポート終了が控えていることから引き続き需要を刺激し、2014年度の市場規模は、前年度比7.4%増となる3859億円を予測している。

今後は、セキュリティ関連サービスにくわえ、DaaS(Desktop as a Service)やMDMといったクラウドサービス、あらたな脅威への対応などが牽引、2018年には4712億円へと成長すると見ている。

カテゴリー別に見ると、「ネットワークセキュリティ」の2018年度における市場規模は2082億円を見込んでおり、市場全体の44%を占める。

また高い成長率が見込まれるのは、「ウェブセキュリティ」「コンテンツセキュリティ」「制御システムセキュリティ」の分野。なかでも「制御システムセキュリティ」に関しては、2018年度に2013年度の6.7倍にあたる80億円へと拡大すると分析している。

(Security NEXT - 2014/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に