Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求受けて公開した行政文書に個人情報 - 新潟県立看護大

新潟県立看護大学は、公開した行政文書の中に、本来非公開とすべき個人情報が含まれていたことを明らかにした。

同大学によれば、行政文書の公開請求を受け、12月19日に請求者に対し公開を行ったが、請求者より文書内に個人情報が含まれているとの指摘を受けたため、文書の公開を停止した。

請求を受けて公開したのは、実習委員会議事録や学生委員会議事録など。同文書内に、実習を終えた学生が行う継燈式の委員5人や卒業生成績優秀者2人、休学者1人、退学者2人に関する個人情報が含まれていた。同大学では、対象となる関係者に文書で謝罪する。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
自動車検査に関する文書を誤廃棄 - 国交省
元役員による個人情報持ち出しが発生したDEXに行政指導
顧客情報記載の帳票1281件が所在不明 - アルプス中央信金
観光庁、個人情報問題でJTBに報告指示 - 「対策不備や行政、顧客へ連絡遅く遺憾」
個人情報含む業務メールを第三者に誤送信 - NEXCO西日本
保存すべきアスベスト関連文書2万件を誤廃棄