Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dropbox」のファイルリンクに危険なワナ - 引き続き注意を

クラウドストレージサービスの便利なサービスは、マルウェアをばらまくサイバー犯罪者にとっても便利な機能として用いられている。「Dropbox」経由でマルウェアが配布されるケースもたびたび確認されており、注意が必要だ。

韓国のアンラボは、Dropboxの「ファイルリンク機能」を悪用し、マルウェアを配布する攻撃を確認した。ブログなどに「人気ゲーム」「ユーティリティ」などとしてダウンロード用のURLを掲載する手口だった。

配布されているファイルはマルウェアで、感染すると外部サーバに接続。個人情報を窃取したり、別のマルウェアをダウンロードするなど、悪質なものだった。

マルウェアの拡散にDropboxが悪用されたケースは、これまでも確認されている。

シマンテックは、2012年にDropboxが実質上、無料のホスティングサイトとしてスパマーに悪用されている状況を指摘している。Dropboxが備えるURL短縮サービスもスパム送信者に好まれる理由で、わずか2日間に1200 件ユニークなURLを確認した。

また2014年6月には、インターネットバンキングのアカウントを盗み、不正送金の原因となる「Zeus」の感染拡大に悪用された。

攻撃を確認したトレンドマイクロによれば、スパムメールにURLを記載し、マルウェア「UPATRE」の亜種を拡散する手口で、同マルウェアを通じて「Zeus」に感染させていた。インターネットファックスやオンラインバンキング、Skypeなど著名企業からの連絡メールを装い、リンク先としてDropboxのリンクを用いていたという。

マルウェアの配布などに利用されたアカウントは、セキュリティベンダーによって報告され、停止に追い込まれているが、引き続き同様の攻撃が発生する可能性もあり、注意が必要だ。

またこうした攻撃に利用するため、Dropboxのアカウントが狙われる可能性もある。犯罪者に乗っ取られないよう、パスワードの使い回しを避けたり、ワンタイムパスワードを活用するといった対策も正規利用者に求められる。

(Security NEXT - 2014/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可