Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CITS、メールセキュリティ製品の仮想アプライアンスに上位版

キヤノンITソリューションズは、仮想環境に対応したメールセキュリティ製品「GUARDIANWALL Ver.7.5.01 仮想アプライアンス版」のラインナップを強化した。

同製品は、メールにおける情報漏洩対策や監査、誤送信対策などの機能を搭載したメールセキュリティソリューション。「VMware ESXi 5.1」「同 5.5」に対応する。従来の「Standardモデル」にくわえ、メール本文や添付ファイルに含まれる文字列の検索が行える全文検索機能を搭載した「Advancedモデル」をあらたに追加した。

また、両モデルとも複数台構成に対応したほか、「同Linux版」で提供されているスマートデバイス向け機能を仮想アプライアンス版にも搭載した。外部からスマートデバイスを利用してメールや添付ファイルの閲覧ができるほか、保留メールに対する送信や削除、転送などの各種操作が可能。

初年度の価格は、Standardモデルが50ユーザーで127万9800円から。Advancedモデルが50ユーザーで168万5880円から。2年目以降は更新料金が必要となる。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御