Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テストメール誤送信で職業訓練生のアドレスが流出 - 帝京大

帝京大学は、東京都から受託している公共職業訓練において、訓練生19人へのテストメール送信の際、職員の誤操作により全員のメールアドレスが表示された状態で送ったと公表した。

12月12日13時39分ごろ、緊急時連絡用として訓練生より提供されたメールアドレスのテストのためにメールを一斉送信した際、操作ミスが発生したもの。

19人に対し一斉送信したが、宛先にメールアドレスを記載、送信したため、受信者間でメールアドレスを確認できる状態と成った。ただし、2件はアドレスの誤入力で未着だったという。

同日中に訓練生から流出を指摘するメールがあったが、担当者はすでに帰宅しており、流出を把握したのは週明けの15日だった。同大学では対象となる訓練生に謝罪、誤送信したメールの削除を要請している。

(Security NEXT - 2014/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大