Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MSやFFRIらが協業 - 日本独自のゼロデイ対策を開発

日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズ、FFRIの3社は、日本独自のゼロデイ攻撃対策サービスを目指し、協業する。

3社は、標的型攻撃やゼロデイ攻撃からエンドポイント端末を保護する日本独自のサービス「Zero day Attack Protection(仮称)」を開発するとしており、2015年4月より提供を開始する予定。

開発にあたっては、カーネルモードまで含めた脅威を分析できる日本マイクロソフトの技術や、FFRIのヒューリスティック検知技術を活用。NTTコムのセキュリティサービス基盤に統合し、提供する。

検出した攻撃や不正プログラムの情報はセキュリティアナリストが解析。脅威と判断された場合は、ブラックリストとしてクライアントPCやゲートウェイに配信していく。

(Security NEXT - 2014/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影