Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MSやFFRIらが協業 - 日本独自のゼロデイ対策を開発

日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズ、FFRIの3社は、日本独自のゼロデイ攻撃対策サービスを目指し、協業する。

3社は、標的型攻撃やゼロデイ攻撃からエンドポイント端末を保護する日本独自のサービス「Zero day Attack Protection(仮称)」を開発するとしており、2015年4月より提供を開始する予定。

開発にあたっては、カーネルモードまで含めた脅威を分析できる日本マイクロソフトの技術や、FFRIのヒューリスティック検知技術を活用。NTTコムのセキュリティサービス基盤に統合し、提供する。

検出した攻撃や不正プログラムの情報はセキュリティアナリストが解析。脅威と判断された場合は、ブラックリストとしてクライアントPCやゲートウェイに配信していく。

(Security NEXT - 2014/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を