Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーとWiLが新会社設立、スマートロック事業を展開

ソニーとWiLは、共同出資によりスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を2014年中に設立する。

あらたに設立する「Qrio」は、スマートロック製品の開発や製造、販売、運営サービスを展開。スマートロックでは、ソニーの無線LAN技術や公開鍵認証技術などを活用、スマートホーム領域において、個人や法人向けに事業を展開していく予定。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染