Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーとWiLが新会社設立、スマートロック事業を展開

ソニーとWiLは、共同出資によりスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を2014年中に設立する。

あらたに設立する「Qrio」は、スマートロック製品の開発や製造、販売、運営サービスを展開。スマートロックでは、ソニーの無線LAN技術や公開鍵認証技術などを活用、スマートホーム領域において、個人や法人向けに事業を展開していく予定。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に