Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療費助成の申請書が役所内の発送、収受の過程で紛失 - 大阪市

大阪市は、医療費助成の一部申請書が、市役所内での発送、収受作業の過程で所在不明となったことを公表した。

同市によれば、10月20日から23日に西淀川区保健福祉センターに申請のあった「特定医療費支給認定申請書」9件を、23日に大阪市保健所管理課あてに送付したが、その後所在不明となっているもの。

保健所が、11月28日に未申請者へ申請を勧める文書を送付したところ、申請済みにもかかわらず文書が届いたとの連絡があり、紛失が判明した。

紛失した申請書には、受診者の氏名や住所、電話番号、生年月日、保険証の番号、病名や病状のほか、受診者の家族の氏名、申請者の氏名、住所、電話番号、受診者との関係などが記載されていた。

同市では、対象となる申請者に謝罪。申請者と受診者に不利益が生じないよう対応する。

(Security NEXT - 2014/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
個人情報含む病原体の検査成績通知書が所在不明に - 大阪府
患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県