Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホの画面ロック設定は46.2% - OS更新は約4割

スマートフォンユーザーの4割以上がマルウェア感染や個人情報漏洩に不安を感じている一方、画面ロックやOSのアップデートなど基本的な対策の実施率はいずれも5割に満たないことがわかった。

MMD研究所が実施した「スマートフォンのセキュリティに対する意識調査」によって明らかになったもの。同調査は、12月5日から6日にかけて、20歳以上のスマートフォン所有者を対象にインターネット調査形式で実施した。有効回答数は561人。

スマートフォンを利用する上で不安を感じることでは、「故障」が最多。次いで「マルウェア感染」が2番目に多く、46.5%を占めた。さらに「紛失(44.7%)」「個人情報の漏洩(41.9%)」と続く。マルウェア感染に不安を持つユーザーをOS別に見ると、「iOS」が38.9%だった一方、「Android」は53.6%と14.7ポイント多い。

実施しているセキュリティ対策では、「パスワードや指紋認証による画面ロック」が46.2%で最多。「OSのアップデート(39.9%)」「公式サイトからアプリをインストールする(34.2%)」「無料セキュリティアプリのインストール(22.6%)」と続く。一方で「対策を講じていない」という回答も18.5%にのぼった。

対策を講じていないと回答した104人にその理由を聞いたところ、「対策方法が分からない(43.3%)」「必要性を感じない(38.5%)」「設定に手間がかかる(22.1%)」という声が目立つ。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売