Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年3Qにマルウェア総数が3億件を突破 - 新種のランサムウェアが大幅増

4期連続で減少傾向を見せてきた新種のランサムウェアが、2014年第3四半期に増加へ転じ、急増したことがわかった。これまで30万件前後で推移していたフィッシングサイトのURLも、250万件に拡大している。

マカフィーによれば、同社のマルウェアデータベースの登録件数は、前年同期比76%増となり3億件を突破。同四半期に出現した新種マルウェアは、4000万件を超えたという。

同社によれば、なかでも懸念されるのがランサムウェアの増加で、新種件数は4期連続で減少していたが、同四半期には一転して増加。総数は200万件に達している。

ウェブの脅威に目を移すと、同四半期にあらたに確認された不審なURLの件数は、前四半期の2倍弱となる3000万件超。なかでもフィッシングサイトの増加が顕著で、あらたに確認されたURL件数が250万件に急増した。フィッシングメールの受信者ごとにサブドメインを作成したロシアのフィッシング詐欺が大きく影響したという。

(Security NEXT - 2014/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
2017年の国内検出ランサムウェア、6割が「WannaCrypt」 - 多様化の進むランサム攻撃