Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナ、新会社「SecuLynx」を設立 - ノウハウ蓄積してIoTへ活用

パナソニックは、企業のネットワークセキュリティに関連する機器やソフトウェアの開発、販売を行う新会社「SecuLynx」を12月1日に設立した。

今回、同社の社内ベンチャーファンド制度「パナソニック・スピンアップ・ファンド」により、セキュリティを取り扱う新会社を設立したもの。

同社では、情報漏洩リスクに対応する製品やサービスを中心に取り扱う予定。当面は、法人や官公庁向けに展開する。将来的には、同社で蓄積したノウハウや技術をインターネット家電分野へ応用していきたい考え。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開