Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7件のセキュリティ更新を公開 - 深刻度「緊急」3件

日本マイクロソフトは、12月の月例セキュリティ更新プログラム7件を公開した。あわせて25件の脆弱性を修正している。

20141210_ms_001.jpg

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」とされるプログラムは3件。「MS14-080」は、「Internet Explorer」における累積的な脆弱性14件を解消するプログラム。細工されたウェブページにアクセスするとリモートでコードを実行されるおそれがある。

一方「MS14-081」は、「Word」および「Office Web Apps」に含まれる2件の脆弱性に対応した。細工されたファイルを開いたり、プレビューを表示することによってコードを実行されるおそれがある。

これら2件のプログラムは、深刻度が「緊急」に加え、適用優先度についても3段階中もっとも高い「1」にレーティングしている。また「MS14-084」では、「VBScriptスクリプトエンジン」の脆弱性に対応。深刻度は同じく「緊急」だが、適用優先度は1段階低い「2」とした。

のこる4件のプログラムは、いずれも深刻度が1段階低い「重要」。「MS14-085」では、「Microsoft Graphicsコンポーネント」の脆弱性1件に対応している。同脆弱性は悪用されていないものの、すでに公開されている。

「MS14-075」では「Exchange Server」の脆弱性に対応。特殊なURLを開くと特権の昇格が生じるおそれがある。また「MS14-082」「MS14-083」でそれぞれ「Office」「Excel」においてリモートでコード実行が可能となる脆弱性を修正。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
ビデオ会議ツール「Cisco Webex」に脆弱性 - 実証コード公開済み
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消