Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

技術評論社が改ざん被害 - VPS管理画面からサーバOS変更される

技術評論社のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。マルウェアへ感染しているおそれもあるとして、閲覧者に注意を呼びかけている。

同社によると、12月6日11時から14時にかけて、同社サーバを運用するVPS管理ページのアカウントを詐取され、サーバをOSごと入れ替えられたもので、外部2サイトにリダイレクトされる状態だった。

今回の攻撃は、前日より発生していたという。同月5日11時過ぎに、フィッシングメールが届き、記載されたURLへアクセスした際に管理者アカウントを奪われ、直後よりサーバの管理画面から不正な操作が行われた。

フィッシングサイトは、同社が利用するVPSと同じドメイン上に設置されており、利用頻度が低い管理用メールアドレスにフィッシングメールが届いたため、ヘッダ情報など確認せず、メールの内容を信じてアクセスしてしまったと同社では説明している。

攻撃発生直後、ちょうど作業を行っていた同社担当者が異変に気が付き、管理画面の攻撃者の不正操作を確認。双方ログインした状態のまま、攻撃者とサーバを奪う攻防へと発展し、フィッシングサイトにアクセスした10分後にはサーバが停止する状態に陥った。

攻撃者はサーバのルート権限を乗っ取ろうとしたが、管理画面から奪うことができない仕様だったため、サーバをOSごと入れ替えることで不正サイトへの誘導を試みていた。同社では対策を実施し、管理会社による確認のもと、13時20分に復旧、収束したと判断した。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ