Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、情報共有プラットフォームにスマホ向け新機能

NECは、法人向け情報共有プラットフォーム「PROCENTER/C」の最新版を提供開始した。データ閲覧後に、スマートデバイスからデータを自動削除する機能を追加している。

同製品は、取引先や関連企業、部門など関係者間で、データのやり取りを実現する情報共有ソリューション。フォーマットに関係なくデータの一元管理が可能で、送受信の管理のほか、アクセス権限を柔軟に設定できる。

最新版となる「同V2.3」では、スマートデバイス経由の情報漏洩対策を強化。データ閲覧終了時や、アプリケーションを一定時間使わなかった場合などに、スマートデバイスからデータを自動削除するビューワ「スマートデバイスクライアントオプション」のAndroid版を追加した。iOS対応版は、2015年9月より提供する予定だという。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ