Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、情報共有プラットフォームにスマホ向け新機能

NECは、法人向け情報共有プラットフォーム「PROCENTER/C」の最新版を提供開始した。データ閲覧後に、スマートデバイスからデータを自動削除する機能を追加している。

同製品は、取引先や関連企業、部門など関係者間で、データのやり取りを実現する情報共有ソリューション。フォーマットに関係なくデータの一元管理が可能で、送受信の管理のほか、アクセス権限を柔軟に設定できる。

最新版となる「同V2.3」では、スマートデバイス経由の情報漏洩対策を強化。データ閲覧終了時や、アプリケーションを一定時間使わなかった場合などに、スマートデバイスからデータを自動削除するビューワ「スマートデバイスクライアントオプション」のAndroid版を追加した。iOS対応版は、2015年9月より提供する予定だという。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
情報共有ツール「Confluence Server」にスクリプト注入の脆弱性
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍