Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、重要インフラ防護で過去最大規模の演習 - 13分野90組織が参加予定

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、重要インフラにおけるIT障害対応の能力向上を目指し、12月8日に分野横断的な演習を都内で実施する。約90組織が参加し、過去最大規模となる見込み。

今回の演習では、最新の障害事例を踏まえ、現実的なシナリオを想定。政府機関をはじめ、政府行政サービスや情報通信、金融、エネルギー、運輸、医療、水道など13分野の事業者や、情報共有を行っている18セプターなどが参加する。2013年の61組織を大きく上回る約90組織から270名が参加する予定。

演習は2部構成で、第1部では影響が小さい障害で情報共有体制を確認。第2部ではサービスへ影響が生じる障害を想定し、事業継続性などを検証する。

(Security NEXT - 2014/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究