Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も

なりすましECサイト対策協議会は、ECサイト事業者が「なりすましサイト」の被害に遭わないよう、啓発サイトを開設した。

同協議会は、実在するeコマースサイトのデザインやコンテンツ、屋号、商標などが酷似した「なりすましサイト」による被害の防止に向けた活動を展開する団体。セキュリティベンダーやeコマースの関連団体などが参加している。

「なりすましサイト」により、購入したにもかかわらず商品が送らなかったり、模倣品や海賊版が届くといった被害が発生しているが、クリスマスシーズンや年末年始などインターネット通販を利用する機会が増えるこれからの時期に、被害の増加が懸念されている。

今回、同団体が設置したのは事業者向けの啓発サイトで、なりすましサイトの特徴や対応策、放置した場合の影響などを事業者の観点から解説。

売上減少や信用失墜といった被害に加え、本来被害者であるECサイトに、消費者からクレームや問い合わせが殺到してしまうおそれもあるとして、発生時には注意喚起や削除要請、捜査機関への情報提供など対策を講じるよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱