Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、サーバセキュリティ製品にパッチ管理機能を追加

エフセキュアは、クラウド型のサーバセキュリティ対策2製品に、「ソフトウェアアップデータ」機能をあらたに追加した。

機能追加の対象となるのは、Windows Server向けセキュリティ対策製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネスサーバ」、「Microsoft Exchange Server」やリモートデスクトップサービス、Citrix XenApp環境向けのセキュリティ対策製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネス メールサーバ」の2製品。

今回あらたに「ソフトウェアアップデータ」機能を追加したことにより、管理ポータル上でOSとアプリケーションの脆弱性を修正するパッチの一元管理に対応した。また「プロテクションサービスビジネスメールサーバ」には、「Microsoft SharePoint」の保護機能もあらたに搭載している。

(Security NEXT - 2014/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
MS月例パッチ、2019年のリリース日をチェック - 8月は盆休み直撃
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース