Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、サーバセキュリティ製品にパッチ管理機能を追加

エフセキュアは、クラウド型のサーバセキュリティ対策2製品に、「ソフトウェアアップデータ」機能をあらたに追加した。

機能追加の対象となるのは、Windows Server向けセキュリティ対策製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネスサーバ」、「Microsoft Exchange Server」やリモートデスクトップサービス、Citrix XenApp環境向けのセキュリティ対策製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネス メールサーバ」の2製品。

今回あらたに「ソフトウェアアップデータ」機能を追加したことにより、管理ポータル上でOSとアプリケーションの脆弱性を修正するパッチの一元管理に対応した。また「プロテクションサービスビジネスメールサーバ」には、「Microsoft SharePoint」の保護機能もあらたに搭載している。

(Security NEXT - 2014/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
「EC-CUBE」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートが公開
Adobe、6製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性など修正
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
「Adobe Acrobat/Reader」に24件の脆弱性 - アップデートが公開へ
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、5月12日に修正予定