Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、クラウド型ゲートウェイサービス2種を投入

トレンドマイクロは、クラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Security as a Service」のメニューを拡充し、あらたにゲートウェイセキュリティサービス2種を追加した。

「InterScan Web Security as a Service」は、クラウド型のウェブセキュリティゲートウェイ。ウェブレピュテーション技術により、不正サイトへのアクセスやマルウェアのダウンロードを防止する。また、ブログやSNSの閲覧、書き込み制限や、ボットによるC&Cサーバとの通信を検知する機能も備える。2015年第1四半期より提供開始する予定。

一方、12月より提供を開始する「Cloud Edge」は、クラウドとアプライアンスを連携させたゲートウェイ。同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」と、アプライアンスが備えるディープパケットインスペクション(DPI)エンジンを備えたIPSやファイアウォールとの連動により脅威に対応するという。

同社は、両製品により今後1年間で6億円の売上げを目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ