Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃対策ログ分析ソリューションを強化 - 不正ドメイン情報を提供

アシストは、ログを分析することで標的型攻撃の予兆を検知する「セキュリティログ分析ソリューション~標的型攻撃対策版~」の機能を強化した。

同ソリューションは、ネットワーク機器やサーバ、クライアントPCなどから取得したログを分析し、標的型攻撃の予兆を検知するソリューション。

今回の機能強化では、不正サイトやその確率が高いサイトのドメイン情報を提供。同リストは、FFRIが分析システムでマルウェアを実行させ、感染後にアクセスするURL情報を抽出した「BlackURLリスト」のドメイン情報を活用しているという。

(Security NEXT - 2014/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム