Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給世帯のリストを嘱託職員が紛失 - 大阪市

大阪市は、生活保護受給世帯71件の個人情報が記載された訪問先リストを、嘱託職員が紛失したことを明らかにした。

11月11日、高齢者世帯の訪問を請け負っている嘱託職員が、訪問先リストが見当たらないことに気付いたもの。所在不明となっているリストには、生活保護受給世帯71件の世帯主氏名と住所が記載されていた。

同職員は、前日10日に生活保護受給世帯を訪問しており、その際に訪問先リストを携帯していたという。同職員は帰庁後、鞄の中を整理して、不要書類をシュレッダーで裁断処理しており、その際に誤ってリストも処分した可能性が高いという。

同市では、対象となる世帯を訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市