Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画サイト経由でアドウェアが拡大 - 標的はMac OS X

カスペルスキーは、Mac OS Xにアドウェアをインストールさせようとするアニメ動画配信サイトを確認したとして注意を呼びかけている。

10月末に検知したもので、問題の動画配信サイトをMac OS Xで閲覧すると、閲覧に「Flash Player」が必要などとして、インストールを促すダイアログが表示される。

しかし、ダウンロードされるのは「Adobe Flash Player」ではなく、実際は「MPlayerX」を名乗るアドウェアで、インストールするとSafariの設定が勝手に変更されるという。

同アドウェアは、9月27日ごろから検知されており、米国をはじめとする北米地域やイギリス、ロシアなどで感染が拡大。またヨーロッパや南米、オーストラリア、日本でも感染が確認されている。現在もマルウェア配布サイトは稼働中であるとして同社は注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通
モバイルマルウェアでは「ランサムウェア」が活発 - Blue Coat分析
韓国で流行した新手の不正送金マルウェアが国内上陸 - 不正送金被害も