Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、MSSサービスを開始 - SIEMの運用など代行

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、企業のセキュリティ機器を運用、監視する「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」を提供開始した。

同サービスは、24時間体制でセキュリティイベントを監視し、必要に応じて通知するMSS。最新の脅威情報や対処手順といったレポートなども提供する。

同社がこれまで提供してきた監視サービスや解析サービスといったセキュリティ関連サービスのノウハウを活用。SIEM運用代行サービスや、アップデート作業代行サービス、緊急時の対処支援サービスなどを追加して「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」としてサービスメニュー化した。

月額料金は、32万4000円から。2016年度末までに100社へサービスを提供し、6億円の売上げを目指してサービスを展開する。

(Security NEXT - 2014/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス