Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットリテラシー向上の取り組み28事例を取りまとめ - 総務省

総務省は、インターネット上のリテラシーやマナー向上のために各地域が実施している取り組みなどをまとめた「インターネットリテラシー・マナー等向上事例集」を公開した。

同資料は、インターネットを利用するうえで必要なリテラシーやマナーの向上を目的とした各地域の取り組みについてまとめたもの。

おもに青少年や保護者を対象に、教育機関や自治体、企業、NPOなどが自主的に行っている活動を、各地域の総合通信局が収集。21都道府県から28事例を集約した。

具体的には、インターネット利用に関する独自ルールについて生徒が原案から作成した熊本市立江南中学校の事例や、高校生が講師となってインターネットの正しい使い方を中学生に教える鎌倉女学院高校、県内の各高校の生徒代表が話し合ってマナーハンドブックを作成した沖縄県などの試みを収録している。

(Security NEXT - 2014/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
標的型攻撃メールには「三位一体対策」を - IPA
政府、サイバーセキュリティ人材育成の強化方針を決定
半数以上の企業がエゴサーチを実施 - 風評被害など警戒
未成年と保護者を対象とした「春のあんしんネット・新学期一斉行動」
デジタルアーツ、ネットリテラシー教育用資料を無償提供
売却されたベネッセ顧客情報は約3504万件 - コピー禁止が新型スマホで機能せず
エムオーテックス、従業員教育サービスに参入
従業員向け研修サービス「情報セキュリティ」を提供 - サイバックス