Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国からのスパム送信比率が半減 - 日本は11位

大量のスパムの送信元となっている米国だが、2014年第3四半期はトップの座を守りつつも、全体に占める割合が大幅に減少したことが、ソフォスの調査で判明した。

同社が7月から9月にかけて収集したスパムの送信国について取りまとめたもの。レポートによれば、同四半期のスパム最多送信国は、前四半期と同じ「米国」だった。しかし割合を見ると、前四半期は24.2%と約4通に1通が米国から送信されていたが、同四半期では11.5%へと半減した。

2位には、前回調査で3位だった「中国(9.1%)」が浮上しており、米国との差は小さいものとなっている。3位に「フランス(6.4%)」が続く。日本の割合は3%で11位だった。

一方、1人あたりのスパム送信量によるランキングでは、「ブルガリア」がトップ。1人あたりの送信量は米国の4.9倍にのぼったという。同社がまとめた上位10カ国のスパム送信国は以下のとおり。

スパム送信国の上位10カ国

1位:米国
2位:中国
3位:フランス
4位:ロシア
5位:イタリア
6位:韓国
7位:ベトナム
8位:ドイツ
9位:ウクライナ
10位:アルゼンチン

人口比率を踏まえたスパム送信国上位10カ国

1位:ブルガリア
2位:ウルグアイ
3位:スイス
4位:韓国
5位:イスラエル
6位:フランス
7位:台湾
8位:イタリア
9位:ベラルーシ
10位:ラトビア

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か