Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトが増加、特定ブランドを執拗に悪用

フィッシング対策協議会は、10月におけるフィッシングの報告状況を取りまとめた。報告件数は前月と同水準だったものの、フィッシングサイトのURL件数が上昇しており、さらに増加が予想されている。

10月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は648件。9月の652件からほぼ横ばいだった。ピークを迎えた2014年の前半は、4000件を超える月もあったが、8月以降は1000件を下回る月が続いている。

報告は減っているが、一方でフィッシングサイトの公開に利用されたURLの件数が48件増加し、230件となった。10月21日以降、金融機関を騙るあらたなフィッシングサイトが確認されたことも影響した。

また金融機関だけでなく、オンラインゲームのアカウント情報を狙ったフィッシングサイトもあらたに確認されている。それに反してフィッシングに悪用されたブランドは1件減少して13件となり、同じ企業やブランドが執拗に狙われる状況が続いている。

同協議会では、フィッシングサイトやフィッシングメールが年末に増える傾向にあることから、これから年末を迎えるにあたり、より一層の警戒が必要だと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類