Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

早稲田大とNTT、産学連携でセキュリティ人材を育成講座を設置

早稲田大学とNTTは、サイバーセキュリティ分野の人材育成に向けて、学部生と大学院生を対象とした講座を2015年4月より開講する。

20141104_wa_001.jpg
産学連携で傑出した人材の育成を目指す

日々進化するサイバー攻撃に対処できる高度な知識と技術を持つ人材の発掘や育成を産学連携で実践することを目的に開講するもので、同大学理工学術院に「NTT寄付講座:サイバー攻撃対策講座」設置するもの。同大教授の後藤滋樹氏が統括責任者を務める。

学部生向けと大学院生向けの2講座を用意し、学部生向けの「サイバー攻撃対策技術の基礎」では、マルウェア感染を中心に、おもな攻撃手法や対策についてNTTの技術者が講義を行う。

一方、大学院生向けの「高度サイバー攻撃対策技術」では、実践的な演習を含む講義を通じて、あたらしい対策技術の研究立案方法について講義する。講座の開設は2015年4月1日から2016年3月31日までとしているが、その後も継続する予定。

(Security NEXT - 2014/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援