Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office」のID作成ツール提供、不正競争防止法違反で起訴

試用版「Office」のライセンス認証を回避する不正ツールを提供したとして、宇都宮地方検察庁はネットショップ経営の男性を10月28日に不正競争防止法違反で起訴した。

BSA|The Software Allianceによれば、起訴された男性は試用版プログラム「Office 2013 Professional Plus」のライセンス認証を回避し、使用期間や機能制限のない製品版として利用するための不正IDを作成するツールを提供したという。

栃木県警らが9月29日、不正競争防止法違反の容疑で逮捕。BSAではライセンス認証システムの仕組みに関する情報提供や、同法の適用に関する鑑定書を作成するなどの捜査協力を行っていた。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首