Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerの脆弱性、公開1週間足らずで攻撃ツールに

パッチチューズデイにあたる米国時間10月14日、Adobe Systemsでは「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開したばかりだが、早くも脆弱性攻撃への利用がはじまっており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

エクスプロイトキットである「Fiesta」に、アップデートで修正されたばかりの脆弱性「CVE-2014-0569」が組み込まれたもので、今後攻撃の拡大が懸念されている。

今回の問題に関して、情報処理推進機構(IPA)も脆弱性を狙ったマルウェアが登場する可能性が高い状況であると指摘。脆弱性を修正していない場合は、早急に対策を講じるよう注意を呼びかけている。

公開当初、悪用は確認されていなかったものの、Adobe Systemsでは、「Windows」や「Mac OS X」、ブラウザの同梱版におけるパッチの適用優先度を3段階中もっとも高い「1」と設定。72時間以内のアップデートを推奨するなど注意喚起を行っていた。

Adobe Flash Playerのバージョンテストは、Adobe Systemsのページから簡単に調べることができる。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性