Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auスマホにプライバシー情報へのアクセス制御機能 - デフォルトはオフ

KDDIは、アプリによる利用者情報へのアクセスを制御する「プライバシーデータ設定」機能を、10月以降に発売するAndroid搭載スマートフォンに搭載する。

同機能は、アプリによる電話帳や位置情報といった利用者情報の取得を制限するもの。「Google Play」をはじめ、「au Market」以外で入手したアプリを監視し、データアクセス時に許可や拒否を選択できる。

また設定画面から、アプリや利用者情報、種別ごとにアクセスの可否を設定することが可能。ただし、デフォルトではオフとなっており、利用するには設定画面から利用設定を行う必要がある。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN