Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auスマホにプライバシー情報へのアクセス制御機能 - デフォルトはオフ

KDDIは、アプリによる利用者情報へのアクセスを制御する「プライバシーデータ設定」機能を、10月以降に発売するAndroid搭載スマートフォンに搭載する。

同機能は、アプリによる電話帳や位置情報といった利用者情報の取得を制限するもの。「Google Play」をはじめ、「au Market」以外で入手したアプリを監視し、データアクセス時に許可や拒否を選択できる。

また設定画面から、アプリや利用者情報、種別ごとにアクセスの可否を設定することが可能。ただし、デフォルトではオフとなっており、利用するには設定画面から利用設定を行う必要がある。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード