Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、パーソナルデータ利活用でガイドライン - 明快な通知や意思確認求める

経済産業省は、「消費者向けオンラインサービスにおける通知と同意・選択のためのガイドライン」を公表した。個人情報はもちろん、それ以外のパーソナルデータを取得する際の指針を示したもので、今後、国際規格化を目指すという。

同ガイドラインは、オンラインサービスを提供する事業者が、利用者の個人情報のほか、位置情報、購買履歴といった「パーソナルデータ」など、個人識別可能情報を取得する際に、どのように情報が利用されるのか、利用者へ誤解を与えることなく、わかりやすく提示するために要求される事項を指針としてまとめたもの。

同省では、2013年度に事業者が利用者からパーソナルデータを取得する際の「評価基準」を策定しており、事業をグローバルに展開する際、活用できる基準を求める要望が寄せられたことから、同ガイドラインを作成した。

事業者と利用者との信頼関係構築のためには、情報取得時に誤解を与えることなく利用者に通知することが求められるとして、同ガイドラインでは、通知方法の注意点や通知内容、同意と選択の方法、通知内容変更時の同意取得について詳細をまとめている。

(Security NEXT - 2014/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」
個人情報保護委、匿名加工情報や安全管理措置についてまとめたレポート