Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高校で個人情報含む修学旅行引率マニュアルを紛失 - 埼玉

埼玉県立所沢北高校の教諭が、修学旅行の引率中に、生徒408人の個人情報などが記載された教員用マニュアルを紛失した。

10月7日、修学旅行先の広島県で紛失したもので、引率している2年生408人の氏名と、そのうち班長の生徒58人の携帯電話番号が記載されていた。また教職員や添乗員、看護師、カメラマンなど計28人の氏名と携帯電話番号も含まれる。

同校では修学旅行の終了後、2年生を対象とした集会を開いて説明と謝罪を行った。また保護者に対しては、文書で謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2014/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
高校で生徒と保護者の個人情報含む書類を誤配布 - 大阪市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府