Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、旧版ActiveXコントロールのブロック機能を拡張予定

日本マイクロソフトは、セキュリティ強化の一環として、旧バージョンのActiveXコントロールをブロックする機能について対象を拡大する予定だ。

Javaにおける既知の脆弱性を悪用したドライブバイダウンロード攻撃などが発生していることから、リスクを低減する措置として、同社では9月に公開した月例パッチ「MS 14-051」で「Java ActiveXコントロール」のブロック機能を追加。

10月より同機能を有効化し、「Windows 7 SP1」や「Windows Server 2008 R2」以降でIE 8以降を利用する際、旧版のActiveXコントロールを利用している場合は、警告を表示して利用をブロックできるよう対策を講じた。

今回の機能拡張は、IEのサポートポリシー変更を受け、11月の月例更新プログラムで対象を拡大するもの。「Windows Vista SP2」「Windows Server 2008 SP2」で動作する「Internet Explorer 9」についてもブロックを実施する予定だという。

また「Silverlight ActiveXコントロール」に関してもブロックを実施。同社では、事前に動作確認が行えるようテスト方法について取りまとめ、ブログで公開している。

(Security NEXT - 2014/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応