Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米サイバーセキュリティシンポジウム 2014が開催

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)と在日米国商工会議所(ACCJ)は、「日米サイバーセキュリティシンポジウム 2014」を10月31日に都内で開催する。

同イベントは、学生や若手エンジニアを対象としたシンポジウム。基調講演では、日米政府のサイバーセキュリティ戦略について解説。また専門家による最新のセキュリティ動向や、若手セキュリティエンジニアによるパネルディスカッションを予定している。

会場は、政策研究大学院大学の想海樓ホール。参加費は無料。定員は250名で先着順で受け付ける。詳しい内容や申し込み方法は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
認定個人情報保護団体の活動を紹介するシンポジウム - 個人情報保護委
JSSEC、スマホやIoTのセキュリティをテーマとしたシンポジウムを開催
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも