Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

目指せ、シェルコードでサーバ攻略! - 「SECCON 2014 大阪大会」

セキュリティ技術を競う国内最大のCTFイベント「SECCON 2014」では、最後の地方予選となる大阪大会を11月9日に開催する。

大阪大会の競技は、x86シェルコードを書くことでサーバを攻略する「x86 Remote Exploit Challenge」。サーバには「Debian 7」を予定している。

競技前には、サンプルコードによる講義や演習を行う予定。シェルコードを書いた経験がない場合も参加できる。

定員は1チームあたり最大4名、10チームまで。会場はグランフロント大阪の慶應大阪シティキャンパス。参加者は有線接続が可能なノートパソコンを持参する必要がある。大会の詳細や応募は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
SECCON決勝大会の進出チームが決定
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始