Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Ping Identity製ID連携ソフトの新版を発売

マクニカネットワークスは、米Ping Identity製ID連携ソフトウェア「PingFederate 7.2」の提供を10月14日より開始する。

同製品は、組織の認証システムと連携したシングルサインオンや、クラウドと連携するプロビジョニング機能を提供するID連携ソフトウェア。

今回発売する新版では、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の利用者向けに「Office 365用コネクター」を用意。

Active Directoryのマルチテナントやマルチドメイン環境などにおけるID連携に対応し、シングルサインオンが可能となった。またActive Directoryのフォレストドメイン構成のほか、LDAPにも対応する。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO