Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、米Ping Identity製ID連携ソフトの新版を発売

マクニカネットワークスは、米Ping Identity製ID連携ソフトウェア「PingFederate 7.2」の提供を10月14日より開始する。

同製品は、組織の認証システムと連携したシングルサインオンや、クラウドと連携するプロビジョニング機能を提供するID連携ソフトウェア。

今回発売する新版では、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」の利用者向けに「Office 365用コネクター」を用意。

Active Directoryのマルチテナントやマルチドメイン環境などにおけるID連携に対応し、シングルサインオンが可能となった。またActive Directoryのフォレストドメイン構成のほか、LDAPにも対応する。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム