Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server 2003の完全移行、3分の1がまにあわず

2015年7月に「Windows Server 2003」のサポート終了が予定されているが、3分の1の企業は、完全移行がサポート終了後となる見込みだという。

「Windows Server 2003」への対応状況について、日経BPコンサルティングが企業の情報システム管理部門担当者を対象に、9月11日から16日にかけて調査を実施。結果を取りまとめたもの。有効回答数は560。

同調査によれば、現時点で「Windows Server 2003」を利用している回答者の33.8%が、移行完了がサポート終了後を予定していると回答。20.1%は、当初の予定より移行が遅延していると答えたという。

理由については、予算不足が35.5%で最多。また対象となるサーバの台数が多いことを挙げる回答者も24.1%と多く、移行作業に手間取っているとする回答も19.9%にのぼる。

サポート終了まで移行が完了しなかった場合、「大きなリスクがある(17.5%)」「ある程度のリスクがある(43.9%)」など、60.5%がリスクを認識。理由としては、「攻撃に対する感覚、認識」が57.8%ともっとも多い。

その一方で、「あまりリスクはない(26.4%)」「まったくリスクはない(3.6%)」など、リスクへの意識が低い担当者も3割にのぼる。システム担当者の半数近くは、経営層のリスク意識が低いと考えていたという。

リスクがないと認識している理由について、「サーバーのインターネットへの接続の有無から」を判断基準とするケースが58.4%との声が目立った。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行