Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server 2003の完全移行、3分の1がまにあわず

2015年7月に「Windows Server 2003」のサポート終了が予定されているが、3分の1の企業は、完全移行がサポート終了後となる見込みだという。

「Windows Server 2003」への対応状況について、日経BPコンサルティングが企業の情報システム管理部門担当者を対象に、9月11日から16日にかけて調査を実施。結果を取りまとめたもの。有効回答数は560。

同調査によれば、現時点で「Windows Server 2003」を利用している回答者の33.8%が、移行完了がサポート終了後を予定していると回答。20.1%は、当初の予定より移行が遅延していると答えたという。

理由については、予算不足が35.5%で最多。また対象となるサーバの台数が多いことを挙げる回答者も24.1%と多く、移行作業に手間取っているとする回答も19.9%にのぼる。

サポート終了まで移行が完了しなかった場合、「大きなリスクがある(17.5%)」「ある程度のリスクがある(43.9%)」など、60.5%がリスクを認識。理由としては、「攻撃に対する感覚、認識」が57.8%ともっとも多い。

その一方で、「あまりリスクはない(26.4%)」「まったくリスクはない(3.6%)」など、リスクへの意識が低い担当者も3割にのぼる。システム担当者の半数近くは、経営層のリスク意識が低いと考えていたという。

リスクがないと認識している理由について、「サーバーのインターネットへの接続の有無から」を判断基準とするケースが58.4%との声が目立った。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る