Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2店舗で相次いで盗難事件発生、顧客情報も被害に - ミニストップ

ミニストップは、愛知県内の2店舗で相次いで窃盗事件が発生し、金庫内に保管していた売上金とともに、顧客情報が記載された払込票も被害に遭ったことを明らかにした。

名古屋みなとコンコルド店、稲沢コンコルド店と相次いで窃盗事件が発生したもので、いずれも従業員の退店後に何者かがドアを破って侵入し、事務所に設置された金庫の固定部分を破壊して金庫ごと持ち去ったという。

9月29日未明に発生した名古屋みなとコンコルド店の盗難では、前日28日に収納された払込票控え14件が持ち去られたほか、稲沢コンコルド店で10月2日に発生した事件では前日1日に収納された払込票控え6件が盗まれた。

同社によれば、料金収納業務は正常に完了しているという。警察に被害届を提出しており、対象となる顧客へ説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2014/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー