Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、コンシューマー向け製品の機能を強化 - ウェブカメラの不正利用を防止

ウェブルートは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Webroot SecureAnywhere」の機能を強化した。

同製品は、クラウドベースのコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。新版では、自己学習によるマルウェア検出のほか、ウェブカメラを不正に使用するマルウェアを検出、ブロックする機能を追加した。

ロールバック機能についても機能を強化し、さらにバックアップ機能を組み込み、自動的にクラウドと同期することで、ランサムウェアなどへの感染時に被害を防ぐという。

ラインナップとしては、「同アンチウイルス」「同インターネットセキュリティプラス」「同インターネットセキュリティコンプリート」のほか、「SecureWeb for iOS」「同Android」の5製品を用意している。

(Security NEXT - 2014/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止