Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイント対策製品「NOSiDE」を機能強化 - NTTデータ先技

NTTデータ先端技術は、エンドポイント向けセキュリティ製品「NOSiDE Inventory Sub System 資産管理パッケージ」の機能を強化し、提供を開始した。

同製品は、組織内部のエンドポイント端末から情報を取得し、セキュリティ診断や接続制御、IT資産管理などが行えるエンドポイント向けセキュリティ対策製品。

今回リリースした新版では、「Office 365」や「Google Apps」「Salesforce」といったクラウドへ接続する際の端末診断機能を追加した。データの持ち出しが可能となる「USBメモリ」「スマートフォン」の制御に対応している。

同社では、今後5年間に10万クライアントの提供を目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に