Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、若年層支援プログラム「すごうで2015」の募集を開始

セキュリティ技術者を目指す若年層を支援するサポートプログラム「すごうで」を展開するラックは、2015年度の応募受付を開始した。

同プログラムは、「エンジニアの卵」を発掘、支援することで人材不足が懸念されるセキュリティ技術者を育成する試み。

最優秀者は年間100万円相当が提供され、ハードウェアやソフトウェア、関連書籍の購入資金として利用したり、セキュリティ技術競技への渡航費用などに利用できる。

今回で第3回目。2013年、2014年と灘校パソコン研究部を中心に結成されたCTFチーム 「Epsilon Delta」が支援を受けており、米国で開催されたDEFCONへの出場も果たしている。

今回の募集では、対象者を中高校生が中心となるように変更。選考対象となる「夢」に関しても、ITを活用した取り組みに関して広く対象とするという。締め切りは2015年1月15日。応募要項など詳細は同社サイトから。

(Security NEXT - 2014/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ