Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向け「ウイルスバスター」に新版 - 改ざんサイト対策やデータ持出対策を追加

トレンドマイクロは、法人向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター Corp.11」を10月14日より販売開始する。

新版では、ウェブサイトに埋め込まれた不正なJavaアプレットやJavaScriptの実行を防止する機能を搭載。マルウェアが接続するコマンド&コントロールサーバへの接続をブロックする機能も追加した。

またスマートフォン、タブレット端末、デジタルカメラからのデータ転送プロトコルである「MTP」や「PTP」の制御機能を追加。パソコン内に保存されているWordやExcel文書をスキャンし、個人情報や機密情報を含むファイルを検出する機能も搭載するなど、情報漏洩対策の機能を強化した。

価格は、1000ライセンス購入の場合、1ライセンスあたり3218円。管理ツールの新版「Trend Micro Control Manager 6.0 SP1」も同時にリリースした。

同社では、今後1年間に200億円の売上げを目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2014/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化