Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、Oracle DBを活かした内部犯行対策ソリューション

NECは、組織のデータベースから管理者の内部犯行による情報漏洩を防止する対策ソリューションを提供開始した。

20141002_ne_001.jpg
対策ソリューションのイメージ(図:NEC)

今回販売を開始する「内部犯行対策ソリューション」は、「Oracle Database」に実装されているセキュリティ機能を活用したもので、システム管理者による不正の防止対策を提供する。

システム管理者への権限集中を避けつつ、同時に業務効率へ配慮したデータベースの設計を支援。データの暗号化対策、不正行為の監視や特定などを提供する。

顧客におけるニーズに応じてコンサルティングを行う「情報セキュリティ整備計画策定サービス」もあわせて提供。今後3年間で200社の受注を目指すという。

(Security NEXT - 2014/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導